読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大分一人旅(1日目)

2月頃からGWの旅行を考えていたのですが、どの旅行パックも高くて躊躇しておりました。

そんなとき、インターネットでとある宿の空きを発見、勢いで予約してしまったので、

そのまま飛行機も予約。繁忙期は個人手配の方が安上がりみたいです。

行程を考えていないままの予約だったので、今回は本当に苦しみました。

旅の主な目的は、猫:観光:温泉:グルメ=4:4:1:1。

+αで、大分に住んでいる友人に会うこと。

そんな大分県初上陸の旅行記。よろしければお付き合いください。

★総括★

宇佐神宮〜別府〜鉄輪〜大分〜由布院

やったこと:宇佐神宮参拝、猫宿宿泊、別府地獄めぐり、大分市内観光、由布院散策

食べたもの:吉野鶏めし、とり天、太巻き、りゅうきゅう、ケーゼクーヘン、金賞コロッケ

【1日目】

大分空港到着。手荷物受取所に流れてくるお寿司を撮影後、

空港のお土産売り場へ行き、昼食購入&ほしいお土産がそろっているか確認。

1つだけ売っていなかったため、道中で見つけなければ!と頭にインプット。

この後、中津方面のバスで宇佐神宮へ向かいますが、バス出発が20分遅れ。

これにより、今後のスケジュール変更を余儀なくされました。

(もちろん、事前に第2案も考えてありました)

バスでおよそ1時間、宇佐神宮到着。

参拝前に昼食タイムということで、空港で購入済みの名物「吉野鶏めし」をいただきます

思っていたより薄味でしたが、鶏肉の食感がしっかりとあり、おいしかったです。

そして宇佐神宮参拝。

当初は1時間の予定でしたが、第2案では2時間確保。ゆっくり参拝できました。

朱塗りのせいか、神聖というより、華やかな印象を受けました。

バスでJR宇佐駅へ。

普通列車が全然なく13時台の次が17時台のため、特急ソニックで移動(もちろん想定済み)。

ホームで観光客が何か騒いでいたので、見てみると、山の上の方に「USA」の文字が(笑)。

ちなみに宇佐駅は遊び心があり、宇佐をローマ字で書くとUSA。

そうです、米国となるので、駅看板に米国旗をもじったイラストが描かれています。

そんなことをしているうちにソニック入線。あれ?白い…。

ソニックは青のイメージでしたが、白もかわいい♪デッキもおしゃれで、さすがJR九州

特急でおよそ30分、JR別府駅に到着。

路地裏猫が多い町として有名な別府、

本当はここで時間をとり、町ブラしながら猫探しの予定でしたが、

第2案ではここを割愛することになっているので、

翌日行くお店の場所を確認し、手湯と足湯を巡りつつも、猫に注意を払いながら、

今夜のお宿へ向かいます。

今回の旅のメイン!

某宿泊サイトの看板猫ランキングで、堂々2連覇を達成した猫のいる宿に到着〜☆

猫は客室に入れませんが、猫が暮らす専用の猫部屋があり、

そこに人間が出向き、触れ合うスタイル

時間制限はありますが貸切にできるので、他のお客様に気を遣う必要はありません。

触り、写真を撮り、遊び、また触り…。大満足です。

猫だけではありません。ここは別府、そう、もちろん温泉です。

3ヶ所の貸切風呂は、空いていたらいつでも入れます。

繁忙期の一人旅で、1泊2食付き&温泉付き&猫付きはなかなかありません。

宿泊料金も良心的でした。

旅のメインが初日で終了したので、翌日は観光に力を注ぎます!

写真左…宇佐神宮

写真中…JR宇佐駅ホームからの眺め(USAの文字、わかりますか?)

写真右…紙屋温泉足湯

※猫の写真は、フォト「猫」を参照ください。

※グルメの写真は、フォト「グルメ」を参照ください。