読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【さいたま地裁】3歳女児虐待死 内縁の夫に懲役13年求刑

埼玉・3歳女児虐待死

内縁の夫に懲役13年求刑

埼玉・狭山市で、2016年1月、同居していた女の次女を虐待し死亡させたとして、保護責任者遺棄致死などの罪に問われている内縁の夫に対し、検察側は、懲役13年を求刑した。

大河原 優樹被告(26)は、2016年1月、狭山市のマンションで、同居していた藤本彩香被告(24)の次女の羽月ちゃん(当時3)の顔に、熱湯のシャワーをかけて、やけどをさせたうえ、十分な食事を与えずに死亡させた、傷害や保護責任者遺棄致死などの罪に問われている。

これまでの裁判で、大河原被告は、保護責任者遺棄致死などについては認めたものの、傷害の罪については

「藤本がやったものです」

と否認していた。

17日の論告で、検察側は、

「被告は死因の可能性となるやけどを否認し、自らの罪を軽くしようとしているにすぎない」、

「被害者は長期間にわたる苦痛のうえ死亡していて、犯行態様は無慈悲かつ非人間的」

と指摘し、懲役13年を求刑した。

関連記事

さいたま地裁】狭山3歳女児虐待死 初公判で母親と共謀の男が罪押し付け合い 首に南京錠付きの鎖、熱湯、正座…

http://SNS.jp/view_diary.pl?id=1960355828&owner_id=11946655