読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怪談日記(5/1)

後悔である。

運ばれて行く。

何時も見て終わる。

【いちばんちかい】

T君の話。

白い腕を見たのは他にもあった。

夕方、遊びから家に帰ってくる時のこと。

一番家のそばにある電柱から、白い腕が生えていた。

ちょうど大人でも手が届かないであろうくらいの高さのところである。

急ぎ足で家に入ったという。

そこで見たのは一度きりだ。

以上、本日の怪談でした。

うーむ。