読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カルマ

若い頃に病気にかかると、保守的であまり思い切ったことしなくなったり、行動範囲が狭まって経験値が低くて、なんか我ながらスケールの小さい人生だなと思う。

その代わり、自分の考え方や生き方こそが正しいとは考えなくなった。

病気してなかったら、それこそ自分は無敵で気合で何でも出来ると思い込んで、病気の人の気持ちも分からず厳しいこと平気で言ったり、甘えだ怠けるな努力が足りないとか言ってたかも知れない。

それが通用するのは心身が健康な状態の人だけだ。

人生は皆それぞれ違って比べて上下つけるものではないし、それぞれに進むペースというもの、それぞれに受け止められる器の大きさに違いがあるので、自分基準で生き方を押し付けてはいけないと思う。

人の人生に対して如何なる時も感情的に説教したり否定したり馬鹿にすべきではないし、言えば言うだけ、後々自分が同じ状況にあった時に自分が人に言った言葉がそのまま自分に返って来る可能性が高い。