読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムーンーん ケツパーン

ヌーの群れが歩いてゆくヌーの群れは喉を潤しまた歩いてゆく

ライオンが喉を潤した

これが命というものかそうだコレが命なのだ

いつからこんなにもわたしは臆病になったのだ

なぜにこうも胸が騒ぐのだろう

わたしはフレッシュな果実に唇をあて潤いを得た目を背けてはいけない

わたしは果実にそっと頬ずりし芳しい匂いを胸いっぱいに吸い込んだ

いつからきみはそんなにも臆病になったのだ目を背けてはいけない

幼い子が何もおそれずに手を差し出すようにお前は生きていくのだ

さあ、お前の目のまえに何があるきみはけして目を背けてはいけない

ライオンはヌーの群れを見ているお前はお前をまだ知らない知ろうともしていない

そう、その胸の内側で騒いでいる何かをお前はもうすぐ知るだろう

いいか、お前はけして目を背けてはいけない

さあ、ここにおいでやさしいキミが好き(*ノω`)

がんばるぞー★

ガオー

メロンザタイガー