読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SING YOUR SONG「TOKYO INSTRUMENTAL FES TIVAL」

4月23日(日)、新木場Studio Coastでのフェスに参戦しました♪

まずは→PianojaC←。

タイムテーブルがちょうど→PJ←演奏時には他のステージがセッティング中のため、かなりの観客が集まりました。

フロアは結構ぎっしり。

フロアから階段を上がった場所でも、上がる腕がたくさん見えてました。

演奏は、メインステージのトップで14時からの演奏。

3分ほど押しで、ステージ下手から現れた二人は、黒つなぎにそれぞれのイメージカラーのワークブーツ姿。

セトリは

♪台風

組曲『』

♪残月

♪METROPOLIS

♪Jack

結構オラオラ系なセトリ(^o^;)

組曲『』」から「残月」は直ぐ繋げちゃったし、「残月」から「METROPOLIS」はツアーでの繋ぎそのままで。

勢い加速させて一気にいった感じ。

40分の演奏時間のため、Xタイムは少し控え目。

しかし「METROPOLIS」では二人で楽し気にアイコンタクト交わし、肩回ししながらのXタイム♪(o^o^o)

ちょいちょいツアーとは違うフレーズが入るHAYATOクン。

曲作りの一端を垣間見るようです。

今年もMCは一切無し。

しかしHIROクンからは「かかってこいや!」

HAYATOクンからも「もっと来いよ」

とかなり煽りが…(^o^;)

どんだけオラオラなんだ?ww

今年はHAYATOクンの視線が例年より前列の観客に向けられ、「Jack」の時の肩回しの時の視線はかなり前方(笑)

しかもちょっと笑ってるし(←こら!)

きっちり14時40分に終了し、あっさり退場していきました。

まぁ、今年はアーティスト写真並みの「恐そうなお兄さん」(←おい!)からは変化しました(笑)

その他の聴いてみたアーティストの、あくまでも個人的な感想は…

☆TRI4TH

フェス、トップバッターで13時からフロアにあるサブステージでの演奏。

聴くのは昨年12月の「踊るインストクリスマス」以来ですが、また聴きたかったアーティストです。

メインステージの照明がO見さんだったため、チェック作業を見ていたら、場所取りに遅れてしまい、行ってみたらフロア後方まで人だかり!

何とかバーカウンターで、バーのご迷惑にならなそうな隙間を確保。

もぅね、常に見えるのはベースの関谷さんだけww(^_^;)

時々見えるペット織田さん、サックス淳之介さん。

ドラム隆郎さんとキーボード竹内さんに至っては、事故レベルでしか見えないww

ま、でも関谷さんが見えれば、私的にはオッケーっす♪( 〃▽〃)

ジャズ系のメロディやスカのリズムがカッコいい。

どんなアーティストにも言えるけど、1度聴いたらなかなか忘れられないフレーズの曲を持つのは大事な事で、私にはTRI4THの曲はかなり刺さりました。

演奏中、関谷さんが時々ウッドベースを持ち上げてるのが見えました…(^o^;)

いやぁスゴい!

淳之介さんが、客席降りをしていたようですが、全く見えず(^_^;)

しかし見えなくても音だけでもガッツリ楽しめるバンドです♪

この後、なぜかあちこちで関谷さんとの遭遇率が異常に高く、正面からこちらに向かってくる関谷さん、振り向くとそこにいる関谷さん…と、すっかり関谷day(//∀//)

竹内さんともお話でき、先日関谷さんと竹内さんが参加しているバンド「黒船」のライブに参戦したことや、JRの切符の話で盛り上がりました(笑)

☆how to count one to ten

TRI4THのステージが終わり会場に入ると、メインサイドステージで演奏中。

うーん…聴いていて、短いメロディの繰り返しが苦痛になってきた(_)

あんまり観客の方を見ない演奏スタイルもちょっと違和感。

観客を巻き込む→PJ←とかTRI4THとはスタイルが違う。

残念ながら私にはちょっと合わないバンドさんかも…(^_^;)

ごめんなさいm(__)m

☆カルメラ

ビジュアルは良く見かけるものの、演奏聴くのは初めて。

サウンドチェックから既に面白いww(≧∇≦)

メンバーの大半が関西人。

ふと「面白くない関西人by:HIROクン」って話を思い出してしまいましたわww

そして本番。

…インストなのに、歌っちゃうんだー(|| ゜Д゜)

しかも1度聴いたら忘れられないメロディと歌詞。

♪乾杯する?どーする?♪

は頭の中をぐるぐるします(笑)

グループでも人気のサックス担当ツージー(辻本美博)。

動きがネジ巻いて動くおもちゃの様ww(|| ゜Д゜)

ルックスとのギャップがハンパない(笑)

何人かに「ツージー、可愛いでしょ?」とか「面白いでしょ?」と言われましたが、いや、ちょっとあの動きは怖い…苦手かも…(^o^;)

あ、でもサックスはイケてます♪

カルメラ自体も良かったです♪

☆ADAMat

JackerSにもファンが多いアーティストですが、1曲聴いて会場を出てしまいました。

何故か私はちょっと合わないアーティストさんです。TRI4THの隆郎さんが、本日3ステージ目って事で、ドラム叩いてました。

スゲー(|| ゜Д゜)

そーいや、入場した時に、玉田さん自ら物販準備をされていて、ちょっと驚きました(笑)

☆LITE

ギター中心のインストで、初めて聴きました。

もう一回フェスで聴きたいアーティストでした。

☆fox capture plan

キーボード、ベース、ドラムの構成のバンドです。

JackerSからこちらに流れた人もたくさんいるので、自分の琴線に触れるかと思いましたが、途中でリタイアしてしまいました(_)

うーん、好みってホント不思議…(^o^;)

WAIWAI STEEL BAND

外のアウトドアズステージ唯一のアーティストで、4回回ししていたバンド(笑)

約30人で叩くスティールパンは圧巻です。

楽しそうな演奏者と明るくハッピーなメロディはつい踊りたくなります。

実際、夜はじっと立っていると若干寒く、身体動かしてる方が良かったです。

なんだかんだ、3回見てたかも…(^o^;)

今回はラストまで会場に残り、フェスを堪能。

帰り際、出入口横の物販テントでは、出演アーティストがいて、ライブのフライヤー配ったり、グッズやCD販売したり、ファンと写真撮ったり、購入したCDやグッズにサインしたり…。

その中に→PJ←はいません。

「踊るインストクリスマス」の時もそうでしたが、正直、ちょっと寂しい…。

しかし、彼らが物販に立たないのには、私達が知るよしもない何か理由があるのだと思います。

それをあれこれ考えても仕方ない。

しかしフェスは楽しい♪

新しいアーティストとの出会い。

やっぱり→PJ←はいいな〜♪(//∀//)という再確認。

海外まで追い掛けて聴きたいと思うアーティストは、今のところ→PJ←だけかな。

次回は5月のFC限定ライブ@名古屋に参戦します♪