読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊本地震をふりかえるその2

む…、4月15日のことは15日に書こうと思ってたのに、日付が変わってしまった…

ま、いっか

2016年4月15日(金)

前震から一夜明けて…

いつも通りに出勤です

「会社休みにならねぇかなぁ?」なんて期待していましたが、なりませんでした

台風が来る度に、休校を期待していた学生時代から、全く成長していないおっさんがここにいました

渋々会社に出勤するダメ会社員

会社の倉庫は案の定、めんどくさいことになってました

いくつかの棚が倒れ、商品がぶちまけられています

さすがに地震明けなので、お客さんから配達の注文も少なく、片付けに時間を割くことができました

棚を起こし、商品を棚に戻し、念のため棚同士を針金で固定して余震対策をしました

配達に出てみると、熊本市内の被害は「思ったほどはひどくないな」という印象です

震源益城のほうはかなりの被害が出てるので心配でしたが、市内のほうは建物等も思ったほど壊れていないようでした

仕事を終え家に帰ると、本棚で雪崩が起こっていたり、シンクで食器が氾濫していたり、これまためんどくさい状況です

「…よし!とりあえず風呂入って寝るべ!片付けは明日!!」

いや〜、ほんと水道が無事でよかった…

…ん?水が出ない!?

なんと今日になって水が出なくなってしまいました

仕方ないので智●香さんと一緒に、中央区の神水の私の実家に避難することにしました

いやー、実家は楽でいいわご飯の心配もしなくていいし(笑)

さすがは県庁のお膝元、神水

ライフラインは全く問題ないので、お風呂もいつも通り入れます

(戸島のアパートのほうも、しばらくすれば水道が復旧するだろう。それからゆっくり片付ければいい)

楽観的に考えながら、眠り慣れた実家のベッドで私は眠りに就きました

再び激しい揺れが、私の眠りを妨げるまで

続く