読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬の悪さと心配事

上の写真はフィガロが悪さした現場証拠です(笑)。

お留守番をさせる時、うっかり何も言わないで出て行くと、帰ってきた時必ずこんな惨状になってるんですよ

それが、「2時間ほどで帰って来るから。お利口さんにして待ってて。いい?悪さしちゃダメだからね」と念を押して出かけると、悪さしていないんです

でも言い忘れると、間違いなくこの嫌がらせが待っています

不思議・・・。

ちなみに、なぜフィガロだと断定できるかと言うと、現行犯逮捕したことがあるから(笑)。

ソロモンはこういう嫌がらせはせずに大人しく待ってる(というかずーっと寝てるだけ)んですけどねぇ。

ところで、先日、犬の爪切りをしようと思ったら・・・。

ソロモンの爪が無い

見えますか?向かって右側、外側の爪が無いの・・・。

左後ろ足なんですが、どこかに引っかけてすっぽり抜けてしまったのか、根元からポッキリ折れてしまったのか・・・。

病院に連れていったら「また生えてくるでしょう」とのことで一安心しましたが、見るからに痛々しいです

ソロモン、何も言わなかったけど痛くなかったのかなぁ

ウンともスンとも言わないので、いつ無くなったのかまったく気づきませんでした

それからフィガロの左耳の先。

凍傷でこんな状態になってしまいました

寒い日は帽子を被せてお散歩に行ってたんですが、フィガロは帽子が好きじゃないので自分で脱いじゃうんですよね

面倒くさいのでそのままにしておく日もあったら凍傷に・・・

これで耳が半分落ちてしまったイタグレを知っているとイタグレ友達が言っていました

ごめんね〜、フィガロ

これから暖かくなるのでもう帽子は要らないけど、今度から寒い日は嫌でも帽子を被せようと思います

それから先日の答え。

ジャーン

黄砂でした

一人だけ正解でしたね