読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第72回春の院展、同人作品から?

4月1日は、の冬に逆戻りしたような寒い朝。

こんな日は、三越前駅から直結して行ける、開催中の春の院展がオススメです

早速、昨日、納会前に見た同人の作品から紹介させて頂きます

まずは、ウルトラマンの作品の新作を見たばかりの、村上裕二≪赤獅子白獅子≫

「縁起や魔除けの面題。

赤と白は、日本最高の組み合わせカラー」と本人はコメントしてますが…

私は、獅子舞を思い出しました

二枚目は、今、トーハクで見られる俵屋宗達の作品みたいな画面構成の

北田克己≪秋の枝≫。

「小さな苗木から育てた柚子の木が二階のベランダを越えました。明るい実の色や、冬にも青々した葉や、鋭い棘に神気がみなぎっています。その生彩は、私の時間に注ぎ込まれるようです。」

とのコメントですが、私は、この画面構成が好きです。

そして、まるでティツィアーノ作品を代表する、

ヴェネチア派みたいな

カラフルな色彩が大好きな

宮北千織≪かりね≫

(三枚目)

食後にモデルをたのんだらこうなったらしいです

(続く)