読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三月大歌舞伎 夜の部 歌舞伎座

今月の歌舞伎座の夜の部は助六があるので売り切れていた日が多かったらしい。

引窓、吉右衛門で完璧な引窓を見たけど幸四郎では見てなかった気がしたので、取った切符だけど、助六付きだったのは後で気が付きました。

今回の幸四郎の南与兵衛はさらさらしているとか書かれていたけど、そんなにコッテリ演じる役柄でもないと思うけど。この芝居、母親役が鍵だと思います。養子に出した息子が人を斬って逃れてきてかくまうけど義理の息子と実子との間で悩む母親、。

吉右衛門の時は母親がとっても巧かった。私は母親ばかり見ていたと思います。

今回の母親はそこまで見せてはくれなかったから、さっぱりしているように見えたのかも。

吉右衛門の時は吉之丞で今回は右之助。

弥十郎の濡れ髪は大きさがあったし、幸四郎も悪くはなかったです。全員が揃った芝居はなかなかないから。

次のけいせい浜真砂は女五右衛門で絶景かな絶景かなを女の五右衛門で演じるだけ。まあ藤十郎が動かないでいいのと短いから選択した演目で櫻の花が奇麗だし、付き合っている仁左衛門もすっきりした男振りで目の保養だったです。

最後が助六由縁江戸櫻です。

久しぶりに海老蔵助六を見た。

歌舞伎座助六を見るのは歌舞伎座を閉鎖する時の最後の演目だった。亡くなった団十郎助六でまだ勘三郎が元気に通人で付き合っていたのが思い出される。

今回は揚巻が雀右衛門で初役、年齢差ありすぎの揚巻だったけど、彼がこういう派手な花魁を演じるというのが珍しいかも。

今回、思ったのは海老蔵は花道の出を見るとお顔が立派でいい男だ。

誰でも納得の助六でした。

並び傾城たちに負けない華がある。

意休が左團時次で白酒売りが菊五郎、安定の二人。

揚巻は菊之助で見たかったとかこっそり言っておきます。

この芝居、かなり長いけど飽きさせない工夫が随所にあって、特別な演目だとつくずく思いました。今回の海老蔵助六、台詞のキレは思ったより良かった。

助六を見た事がない人には一度は見たほうがいいけどなかなか上演されないから。

今回は立ち見席がすぐ完売になっていたらしい。

27日まで。