読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一安心

 昨夜遅くにやっと大家さんとの連絡が出来た やはり受話器が外れた侭お義姉さんをデイサービスに送り出し 兄の入院先に行ったら午後から退院出来る事になり 再度出かけてすっかりお世話になって居たのだ 帰宅したお義姉さんと兄も一緒に夕飯を終えて やっと受話器が外れて居たのに気が付いたと言っていた お陰様で兄も普通に食事が出来るし手足の後遺症も大した事が無いらしい。 

リハビリをしっかりしたとはいえ回復力の良さに医師も驚いていたと言って呉れたが 何よりも早めに救急車で入院したのが良かったのだと思い大家さんは命の恩人になった 一時は万が一を考えてしまい4月4日の祖母の命日に母方の菩提寺に相談に行くつもりで居ると伝えたら 今日兄にそれとなく聞いたら退院を知らせにやはり墓参りに行くと言って居たと言う 良い機会なので住職さんを交えてじっくり話をしたいと思って居る。

そういう訳で今日は一安心して居たら 遺族会の同じ班の女性がお彼岸で大阪と京都に出かけるのでと次年度の会費を届けに来て呉れた ご主人が行く予定で居たらしいが具合が悪くなり京都の菩提寺に行った序に大阪の妹さん宅に行こうと連絡したが 同じように電話が通じないので大阪に着いてからもう一度連絡すると言って居た 父親を戦争で亡くし2人姉妹だったが母親が再婚し弟さんが出来て両親は弟さんが看取ったと言う。

戦死した父方のお墓は大阪にあり妹さんが守って居ると言う 境遇が似ているし姉妹は南方で戦死した父親の慰霊の旅に行こうとした矢先に彼女のご主人が倒れ 看護師の妹さんの退職を待って行くつもりで居たが今度は娘さんが入院したり 息子さんが新しい仕事を立ち上げたりで未だに行けないでいると言って居た 肝っ玉母さん風の彼女はその度に動き回り 私の後の役員を引き継いで貰いたいのだが後10年先なら等と言って居る。

いずこも家族の事で忙しく お墓のことは精々お彼岸や法事でも有った時に何とかしなくては思いながらも いざとなると何か有った時にと後回しになりがちだ 最近は様々な葬儀様式も増え手許葬なるものまであり 仏壇もマンションや団地サイズなど簡単になって来た きっと昔からの先祖供養等は私たちの代で消えるのかもしれない ともあれ兄弟の内で行く先の決まって居ないのは兄だけなので この際何とかしたいと思って居る。

今日の大相撲6日目 平幕の6連勝は栃煌山だけとなり 魁聖が今日から戻って来たが大関豪栄道が休場となった 大関照ノ富士横綱鶴竜に土が着き 上位陣の6連勝は関脇高安と横綱稀勢の里の同門力士2人となってしまった 高安の大関昇進稀勢の里横綱初優勝が決まると 田子の浦部屋は我が世の春となるのだが どうだろう。