読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社説

東京新聞の・・・・

***********

「支援の幕引きは早い 〜3.11と原発避難者〜」

と銘打った記事に、こんな一節を見つけた。

〜問題の根本は、原発事故という避難原因をつくりながら住宅ひとつ、避難者救済に関与しない国の無責任さにある。

原発は国策だ。〜

ちなみに東京新聞は今だけでなく、いつもこんな感じだ。

これだけの情報を国民の多くが知ってくれたらなあと思う。

しかし、巷はWBC・・・。

三日前、以前、市長選に出たことのある方と、縁あってお話しした。

「100人いて99人がボンクラでも、1人しっかりした人がいれば、物事は変えられる。」

そう言っていた。

「繋がろう」という言葉は、震災以後、流行りのキャッチフレーズ。

しかし、誰と誰が、どんな目的で繋がるのかが大切だ。

やみくもに繋がるよりも、私は、100分の1でありたいと思った。

**********

同感です。

群れたがる人は 総じて自分で考えたくない人たち  群れの中で目立ちたい人たちが多いような気がします。

それよりも自分で考え 自分で決めたい・・・・・

***********

先日とある集会で 帰っておいでの甘い言葉に乗せられて福島の帰還した人が・・・地元の人たちから

あなたは素早く逃げていて良かった・・・私たちは此処で頑張ったのに。裏切者・・的な苛めを受けている話が取り上げられました。

その時 主催者の人たちから 「ギクッ」 とする波動が伝わってきました。

帰還の現実が・・・汚染との戦いだけでないことが露わにされた・・・一部ではあるでしょうが・・・

再び 避難をする人も出てくるだろうし・・・若い人たちは危険を承知で子供の未来を潰す気にはならないだろう。