読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さあ、小田急撮りに行くぞ〜

今日は昨日の雨でやられた車を洗車したのちお出かけ。ガソリン満タンだし、いい天気だからね〜。行く場所は小田急。今回は実燃費を計測して実際に電車で行くのと車で行くのとどっちが安いか見てみました。

入間ICのガソリンスタンドから計測開始。あっ使用燃料はハイオクです。単価は130円/L。青梅ICまで下道で動き、そっから高速で厚木へ向かいます。途中の厚木PAで昼食。これも前回と同じパターンだな。高速主体だったからか厚木までは15km/Lという凄い燃費。普通の車じゃこれが当たり前だが、インスパイアでの高速巡航はだいたい12-3ぐらいなんでこの記録は凄いんですよ。

普通に走ってたらいつに間にか小田急と別方向へ。やっべー道間違えた〜っと戻っていたら、ちょうど行きたかったポイントにつきました。俺好みの立ち上がりポイントで逆はカーブで撮れるという素晴らしい場所であった。早速来たのが8000形+3000形の併結編成。しかも3000形はワイドドア車の3253×6。8000形は小田急に来てからよく遭遇する8052×4。スゴいタッグだ。小田急の混結編成はこれまでのデータでは平均3本で内1本は1000+3000である。残る混結編成も待っていると遭遇。8055×4+3257×6と1063×4+3247×6の2本が確認出来た。内1063×4はヘッドライトがLED車でかなりの面白い編成であった。

併結編成をバッチリ撮影後は移動。途中でオフを2件回ったのち向かったのは山の中のトンネルポイント。ここで8000を撮りましたが、編成が長すぎて微妙になってしまった。綺麗に撮れたのは11両のロマンスカーであった。

さてこんな山の中に来て一番の大変は帰りであった。前回は厚木市内で渋滞地獄にハマったんでそれを回避するため伊勢原から愛川へのショートカットで行ってみることに。愛川には無事に到着したものの圏央道のインターが見つからない。ナビが古すぎて圏央道がないため、予め残した足跡頼りに来てみたが…何もない。そういや相模原付近の圏央道ってトンネルばっかだったような。道理で見つからないわけだ。足跡付近に向かって再び走ってると高尾山に出た。ここで無事に圏央道に入ることが出来た。

今日はここまで

使用燃料金額を算出しましょう。

走行距離 173.2km

燃費 10.3km/L

料金計算

走行使用量=距離÷燃費

使用料金=走行使用量×ガソリン1Lの料金

173.2÷10.3=16.85334

16.85334×130=2186.0194

小数点切り捨て→2186円

往復より安いけど高速代含めると電車の方が安かったな。

いやー小田急は楽しいね。また行くぞ〜。

では、また。