読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳酸菌ポリンキー 発酵バター味

湖池屋から「乳酸菌ポリンキー 発酵バター味」です。『ヨーグルトだけでなく、チョコレートなどにも配合され、近年、注目を集めている乳酸菌に着目しました。スナック菓子としてのおいしさを表現できる味でありながら、乳酸菌がイメージされる味として、バターを乳酸菌で発酵させることで、通常のバターよりもコクと風味が増す「発酵バター」を採用』とのこと。2月20日発売。

https://koikeya.co.jp/news/detail/816.html

ローソンで購入。

袋を開けると、甘いバター系の匂いがします。見た目は普通の三角形のコーンパフスナック「ポリンキー」。食べると、ミルクの風味のあるバター味。もちろん乳酸菌は味がないので全く存在が分かりません。コーンスナックと相性のいい味で普通に美味しいです。

乳酸菌入りのチョコもそうですが、乳酸菌の存在が分からないので入っているのか不安になりますね。入っているのはありがたいですけど。

アサヒグループ食品から「フルーツセゾン バナナとショコラ」です。『バナナ果汁をぎゅっと閉じ込めたゼリーを、ホワイトチョコレートでコーティング。さらに、ほろ苦いキャラメルパウダーをまぶして仕上げました』とのこと。2月20日発売。

http://www.asahi-gf.co.jp/company/newsrelease/2017/0206/

セブンイレブンで購入。

見た目は、ひよこ豆のような大きさと色合い。バナナグミをホワイトチョコでコーティングして、キャラメルパウダーで表面を色付けしています。味は、バナナが強いバナナミルクって感じの味わい。キャラメルの風味は弱いです。全体としては甘めで美味しいです。

バナナ果汁は3.2%(生換算)なので、“果汁をぎゅっと閉じ込めた”って感じではないです。甘いバナナグミがメインのお菓子でした。

日清食品から「カップヌードル クリーミートマトヌードル」です。『パスタやスープでおなじみのメニューである“クリーミートマト”に相性の良いチーズを加えてカップヌードル流にアレンジし、トマトの酸味とクリーム感が絶妙なコクのある味わいに仕上げました』とのこと。2月13日発売。

https://www.nissin.com/jp/news/5729

麺は、中太幅広の揚げ麺。スープは、トマトの酸味をクリームでマイルドにしたクリーミートマト味。具のチーズがコクを与えています。イタリアン風で結構美味しいです。

麺の量はそのままにビッグのカップにして、豆などの具材を大量に加えて、ミネストローネのようなヌードルにパワーアップして欲しいです。