読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コピペ

堂本光一、『SHOCK』1500回への想い語る「成長させてもらった作品」

 堂本光一が主演・座長を務めるミュージカル『Endless SHOCK』が、2017年の東京・帝国劇場公演ほか、大阪・梅田芸術劇場、福岡・博多座で開催。15日に行われた製作発表では、劇中で登場する大階段を前に、堂本が登場。公演回数1500回を迎える想い、そして今後の展望とは?

計3万段を超える階段落ち、アドレナリンで恐怖感なし

――本日の製作発表では、ステージでいつも光一さんが階段落ちで使われている大階段を用意しました。そして、これまで光一さんが落ちた階段の段数は2万8776段。さらに来年の東京・大阪・福岡公演の分を加算しますと、3万段を超えているそうです。これは、海抜7546メートルの中国崑崙山脈のムスタグアタ山に匹敵する高さから転げ落ちたということになります。

堂本光一だから今日はなんか、中国っぽい衣装を着せられたんですね(笑)。ものは考え方ですが、そう考えると恐ろしいですね。

――階段落ちに恐怖心はないんですか?

堂本光一今日の製作発表にあたり、階段から落ちて登場しようかっていう話もあったんですけど、本番にとっておくということで(笑)。恐怖心というのはないですね。今やれと言われたら恐怖心はあると思うんですけど、(劇中では)10〜15分弱の立ち回りのシーンが続くので、そのアドレナリンの方が勝ってしまうんです。痛みもほとんど感じないですし。

――初めての階段落ちのときはいかがでした?

堂本光一最初は、倉庫に階段を建てていただいて練習したんですね。3段、5段、7段、10段と少しずつ上げていって。最初は5段くらいから落ちるのでもすごく怖かった。やっぱりリハーサルでやるほうが痛くて、それは今も同じ。今はスタッフの方々にもある意味信頼していただいているので、通し稽古以外はリハーサルではやらないようにしてます。それだけ本番のエネルギーは、すごいものがあるんだなと。もちろん、今までの練習と本番の積み重ねがあったからですけど。

来年で38歳、自信を持つための体作りとは?

――来年の1月1日で38歳になられますが、肉体的なトレーニングはどんなことを行っているんでしょうか?

堂本光一今年はKinKi Kidsが20周年に突入するということもあり、地方公演はなかったんです。KinKi Kidsとしての活動を増やしていこう、という思いがあったからなんですけど。ここ最近は地方の公演もずっとやらせていただいていたので、自分としては(時間が)空いてしまうのがちょっと怖いな、というのはありました。なので、身体的なトレーニングを見直そうと考えまして。今は普段より体も大きくなってます。トレーニングも、ただ筋トレをするのではなく、舞台でどんな筋力を必要とするかを考えながらトレーニングしているつもりです。だから、今年の公演よりもいい状態で、いい意味で自信を持って来年に臨めるのかな、って気がします。

――世の中のアラフォー男性とは全然違うってことですね。

堂本光一そんなことないですよ!(笑)。自分もこういう仕事をしてなかったら、そういったことをするようなタイプの人間ではないので。やはり『SHOCK』という舞台は、身体的にも精神的にも非常に成長させてもらった作品でもあるので。それに見合った自分を作っていかないと、正直、ステージに立つのも怖いです。よりお客さまにいいものをお見せするためにも、今までよりも自信がほしかったというのもありました。

怪我、地震、事故を乗り越え17年目、森光子との思い出も

――『SHOCK』は17年目に入りますが、特に心に残っている5大ニュースをお聞かせいただけますか?

堂本光一5つ、多くねっすか!?(笑)。5つはパッと思い浮かばないかもしれないですけど、ごめんなさい。そうですね、何よりもまず言っておきたいのは、素晴らしい体験をしたこと、悔しい思いをしたこと、たくさんありました。でも、それを常にキャストの皆さん、スタッフの皆さんと、共有できたことが自分にとっては財産だと感じています。こんなことあったね〜と思い出すと、情けないことに自分が怪我をしてしまったこと、3月11日の大地震のときのこと、ステージであってはならない事故があったこと……。どうしてもネガティブなことを思い起こすことが多いですね。でもそういうことが起きても、この作品のストーリーと同じように、勇気をもって一歩を踏み出すことによって新しい道が開いていく……それを全員で感じられているというのが財産。自分を成長させてくれている部分だと思います。

――森光子さんが『放浪記』で1500回を達成されたのが79歳のときです。光一さんは来年、38歳で1500回を迎えますが、改めてお気持ちを。

堂本光一最初は、こんなにも長く愛される作品になるとは思ってませんでした。毎年やらせていただくことに責任は感じていますし、その年の公演が一番良かった、と言われることを目標にやらせていただいてます。忘れられないのが、森さんの1500回記念のパーティーに出席させていただいたこと。そのとき僕、まだ『SHOCK』には出会ってなかったかな? そのパーティーで、偉い方が壇上で挨拶をされているとき、僕は森さんの横に立っていたんですね。そうしたら森さんが、「こういうのは疲れるわよね〜!」って僕におっしゃったんです(笑)。それは、僕がまだ子供で、かしこまった窮屈な場を森さんが和らげてくれたんだと思うんですね。その1500回に自分も達するというのは、信じられない思いもあります。森さんと同列に並べることはできないけど、すごく感慨深いものは感じます。

――今後の『SHOCK』の可能性、ビジョンは?

堂本光一正直、次の年もあるという考え方はしていないし、1つの公演のほうが勝負だと思っています。ビジョンっていうのもあまりないんですけども、オリジナルのミュージカルがなかなか生まれない日本の現状で、これだけ派手なものが出来ているのは『SHOCK』ならではだと思いますし、自分としても非常に幸せです。いい加減内容変えろよ、と思ってる方もいらっしゃるかもしれないけど、『SHOCK』としてのスタンダードというのが、日本のミュージカルとして根付いていけばいいなというのが、夢というか、1つの思いです。

――共演者の方については? 今回は新メンバーも多く出演しますが、オーディションの採用基準も教えてください。

堂本光一また前田美波里さんとやらせていただけて光栄ですし、今から楽しみです。何年も一緒にやっている屋良(朝幸)とかは信頼しているメンバーなので、また切磋琢磨できればいいなと。松浦雅さんは、錦織(一清)さんが演出した舞台に出演していた方で、リカ役の初々しさに非常に合うねとスタッフと話していました。そして今回、後輩も含めてアンサンブルも新たにオーディションを行い、後輩に関しては僕も見させていただきました。『SHOCK』は毎公演が勝負で、向上していこうという作品ですが、ただの修行の場ではないんです。だから、それなりのスキル、役に合ったものを見たいなという気持ちが僕にもありました。“この子が『SHOCK』の中でどう役を生きてくれるのかな?”と感じさせてくれる人を基準に、オーディションさせていただきました。最近は歌への比重も大きいので、そのへんも基準になりましたね。稽古をしていく中で、彼らが秘めているいい部分を引き出せるようにお手伝いができたらいいなと思います。

【囲みインタビュー】来年の『SHOCK』、KinKiのあの“ネタ”は封印?

――改めて、こういう場所でこの階段を見ると感じ方も違いますか?

堂本光一毎回スタッフの方が塗り直したりしてくれてるんですけど、それでも傷が見えますね。いつから使ってるか詳しくは把握してないけど……やり始めた当時かなぁ? 結構長く使ってると思いますよ。

――今回、弁慶階段という名前だと初めて知りました。

堂本光一もともと弁慶と義経の、みたいなシーンで使ってたので。今はもうそうじゃないんですけど、昔の名残なんですよね。正式名称ではないんですけども。

――ちょっと上がってみてもらえますか?

堂本光一上がったところでどうすんですか(笑)。(ゆっくり上がる)いやぁ〜、なんか嫌な記憶がいっぱい……(笑)。いや〜、(階段落ちは)とんでもないことしてますね。このシーンは、もちろんお芝居で劇中劇なんですけど、芝居を越えた表現、ライバル役とのぶつかり合いを表現してて。ただのチャンバラにしてしまうのも嫌なので、それを表現するのが大変ですよね。

――先ほど筋トレの話もありましたが、かなり腕も太くなってますよね。

堂本光一このあと、「全部袖を通してみてくれ」と言われてます。でも、KinKi Kidsのツアーをやって、ちょっと(体重は)落ちたんですよね。増やしてツアーで絞るという予定どおりですが、今もけっこうあります。体重的には60キロくらいを目標にして、それからちょっと絞って。もう冬なので、そんなにお見せする機会もないと思いますが(笑)。

――劇中の曲「Higher」では上着を脱ぐ場面がありますが、腕が引っかかって脱げないんじゃないかと。

堂本光一これまでも脱ぐときに腕が抜けなくて、歌いながら「んっ」って言っちゃうときあるんです(笑)。でも、トレーニングをすると、すごくメンタルが鍛えられるんです。ウエイトもしますし、軽い負荷で体幹を鍛えるのも大事だし。昔トレーナーの方についてもらっていたときのことを参考にしつつ、ステージで必要なものを考えながら自分でやってます。

――ストイックですよね。

堂本光一いやいや、怖いだけですよ。怪我も怖いし、パフォーマンスをもっと上げるためにってこともあるし。

――来年の『SHOCK』では、何か新しいことは考えていますか?

堂本光一現状、考えてないです。1500回を迎えるにあたって、今の状態で迎えるのがいいんじゃないかと思ってるんですよ。アンサンブルも半分くらい入れ替わりがあるし、その中で内容を変えてしまうのはどうなのか、という意見もあります。もちろん今までのメンバーも素晴らしかったですけど、さらに人間の出せる良さをもっと考えるのであれば、ってこともあって、キャストが半分くらい変わるんです。

――光一さんが新たにチャレンジすることは? KinKi Kidsのライブではラップをしていて、ワイドショーでもよく取り上げられていましたが。

堂本光一ホント、勘弁してください!(笑)。あれはね、できないのに死ぬ気で全力でやるっていう、ただのネタですから。中には、「この人、本当にラップが好きなんだー。でも下手じゃね?」みたいな放送をされてるところもありましたけど、ネタですから!! 『SHOCK』ではやらないですよ(笑)。

――大阪、博多では待ってらっしゃるファンの皆さんも。

堂本光一本当に楽しみですね。先日、博多でKinKi Kidsのライブをやって、その数日後に道路が陥没してしまったっていうニュースが出て、ビックリしちゃって。自分も行き慣れた街なので、怪我人が出なくて本当に良かった。地方はとにかく舞台にずっと集中できるし、博多は食事もおいしいですし。いらないことを考えないで、その日の公演が終わったら、「今日何を食べよう」「アレ食べたいね」って終わって、またステージに立つというルーティーンで、非常に集中できるんです。

――来年1500回を迎えますが、海外公演への夢はありますか?

堂本光一一時期そんな話があって、けっこう具体的なところまで行ったことはあるんですけどね。でも、僕自身がやりたいと言っているわけではないので、日本に行けばこんな素晴らしい作品があると知っていただくことのほうが、日本でやる意味があるのかなって。『SHOCK』がそうなればいいなと思います。

――この先、後輩とか他の方が主演をする、ということは考えられますか?

堂本光一あっても全然いいと思いますね。この作品自体がフィジカル的に非常にキツいステージなので、まだまだ全然平気ですけど、限度はあると思うんですよね。そうなったときは、自分が演出にまわってもいいと思いますし、誰かがやるのであれば全力でバックアップできればなと思います。

――まだまだ譲らないですよね?

堂本光一譲らないというか、自分に言い聞かせてるだけですけど、“やれるもんならやってみろ!”というものを作らなきゃいけない、と。そうじゃないと、後輩でも上手な子、頼もしい子もいっぱいいますし、自分に言い聞かせないと今後続けていけないと思っています。

『Endless SHOCK』

<公演日程>

●2月1日(水)〜3月31日(金):東京・帝国劇場

●9月:大阪・梅田芸術劇場

●10月:福岡・博多座

<出演>

主演:堂本光一

前田美波里、屋良朝幸、松浦雅、石川直、福田悠太、松崎祐介浜中文一、寺西拓人、松田元太、松倉海斗 ほか